ハナハナブログ

  • 歌舞伎座昼の部

    kabukiza_201507fff_7845b604ceb9c3d0c6467d39f0bd7153

    歌舞伎昼の部にいきました。

    夜の部はもう前に観てきています。。

    夫エイジさんは桟敷が好きで、取れる限り花道の反対側桟敷を指定します。今回は全部塞がっていて、2階の桟敷です。2階正面の向かって右角に一つ単独の桟敷があって、これは結構観やすいのです。

    そこと間違えて指定したのが、二階桟敷の一番右奥。つまり舞台のすぐ脇です。

    もう、これは横から観るしかない。

    ということで、海老蔵さんの横顔ばかり観てきました。

     

    出し物は「柳影澤蛍火」通し狂言です。

     

    海老さまは、野望と陰謀の主人公柳沢吉保です。悪役だけれど美しいし、かっこいい!

    中車(香川照之)の将軍綱吉が結構よかったです。

    もう一つの出し物は「流星」七夕、牽牛をエイジのご贔屓、猿之助さんの宙乗りです。

     

    終わって浅草駒形の泥鰌屋さんへ、柳川鍋と、鯉の洗い、泥鰌蒲焼で大満腹…過ぎました。

    どじょう

    浅草駒形どじょう

  • 「片手の郵便配達人」

    だいぶ以前のことです。

    一冊の本が送られてきました。「片手の郵便配達人」(みすず書房)です。

    07963_big

    すぐにツイッターでと、文を書き始めました。

    一回の文字数制限のため、書き溜めて連続で出そうと思ったのですが、スマホを新しくして扱えず、パソコンの調子も悪く、作業が止まってしまい、ながいことそのままになりました。

     

    いま、やっぱりこれは記しておこうとおもいました。

    いえ、そうするべきだと思いました。

    そうしなければいけないと、思います。

     

    戦争をしらない若いかたたちへ。

     

    炸裂する爆弾、銃砲、流血、死、恐怖の情景です。

    今、平和しか知らない人たちの戦争のイメージとは、そういう世界ではないかと思います。

    この「片手の郵便配達人」はごく普通の人々の日常が崩壊していく悲しみを訴えています。

     

    戦時下のドイツ。負傷で左手を失った心優しい少年ヨハンは、故郷で郵便配達人となり働きます。ハンデの身に重いカバンを肩にかけ、ひたすら村々を歩き続ける毎日。

    郵便1

    なだらかに広がる丘、うねうねと続く村道、点在する家々、畔道の若草のそよぎ。一面の花咲く丘。

    描写は美しい一枚の絵のようです。

    郵便6

    巡り来る季節。

    自然は過酷な姿も見せます。灼熱の真夏の道。吹き荒れる風。

    凍える吹雪の中も、ヨハンは歩き続けます。

    村の人々はヨハンを見ると飛び出してきます。皆、戦線の肉親からの便りを、待ち焦がれているのです。

     

    郵便3

    ヨハンは、人々の心の架け橋でもあるのです。

    しかし、時には不幸も運びます。

    「黒い手紙」と呼ばれている手紙です。

    死の通告です。

     

    郵便4

    ヨハンの前でなきくずれる村人。

    できることなら握り潰したい。ヨハンは苦しみます。

    それでも残った片手でしっかりと手渡します。

     

    それは自分に託された「郵便配達人」の使命だから。

    受け取る人の絶望と悲劇。届ける者の苦悩。

     

    読み手の胸にひた寄せる悲しみの波。切り込まれる痛みのなんと深いことでしょう。

    やがて戦争終結。

    ロシア(旧ソ連軍)の軍車が地響きを立てて入ってきます。

    郵便5

    逃げ出す者。死を選ぶ者。村から人々の姿が消えていきます。

    郵便局も閉鎖されます。

    いつかまた配達人になれる日がくるだろうか。

    平和を夢見てヨハンは村に残ります。

    そして衝撃的なラスト。

    声になりません。何という不条理。それが現実です。しばらくは立ち上がれずに頰を濡らしていました。

     

    戦争の主導者への反逆を声に出せば死刑です。ヨハンは声に出せず呟くのみです。言論も、思想も、個人の自由は封じられます。

    教育も変わります。学校、図書館の書棚はドイツの本だけになり、

    他国の物は姿を消します。そう、日本も似ていますね。

    暮らしの全てが統制されるのです。

     

    失って初めて、普通の暮らしがどんなに大切なものだったかを、人々は知ります。

     

    描かれる、ドイツの四季折々の花や草や樹々への、作者の眼差しは優しく、実に美しく描写されています。

    作者グードルン・パウゼヴァングは、ドイツの村々を愛し、姿の変わり行くのを悲しんだのではないでしょうか?

    郵便7

    これは戦時下のドイツの物語です。ヒトラーの独裁下にあった敗戦國です。日本も同じ敗戦国です。作者は日本の人たちにも強いメッセージを送っています。

     

    私は解説を書くのではありません。

    ドイツと同じ過去を持つ日本のことも書きたいのです。

    もう、飽きました?でも、もう少しね。

     

    今、私たちの目の前にある光景が普通の暮らしですね。もしそれが全く変わってしまったら?

    不足する電力、街じゅうが暗くなります。

    コンビニもスーパーもデパートも、棚には何も並んでいない。空っぽです。おしゃれなショップから服も靴も何も姿を消し」、カラフルな色は消えていきます。

     

    グルメだの、スイーツだのなんて言っていられません、そうです

    口にするもの一切が消えてしまう。

    食べるものがない状態になります。

     

    想像できますか?

     

    S Fではありません、戦争末期の日本の現実の姿です。

     

    私の体験で悲しかったことは、思想も感性さえも封じられてしまう

    ということ。美しい抒情画が、時代に添わない、ということで、世間から消えてしまった事実。許せませんよね。

     

    ながいこと、そういう絵を知らずにいて、戦後初めて目にした時

    世の中にこんな美しいものがあったのか、と、身体に電流が走った記憶があります。

    戦争とは様々な形で物事を歪めてしまうのだと知りました。

     

    グードルン.パウゼヴァンは、後書きでとくに日本の人々に、そして戦争を知る者へ、知らない世代にそれを語り継ぐべきだ。と、強く訴えています。

    時間が経ちすぎていますが、本をお送りいただいた、みすず書房

    そして、成相雅子さま。ありがとうございました。